家の建て時 3つ

今が家の建て時!お得に購入できる3つの理由とは?

家は今が建て時の画像

 

あなたは知っていますか?
同じ家を建てるとしても、家を購入するタイミングを間違えると、総支払い額(返済額)が高くなってしまう・・・ということを。
実は、家をお得に購入したいなら、今が建て時なのです!

 

このページでは、「家を購入するタイミングを間違えると、総支払い額高くなる理由」と「今が家の建て時である3つの理由」を説明します。

 

住宅ローンが低金利だから、総支払額を抑えられる!

金利は低ければ低いほど支払う利息が少なくて済みます。
つまり同じ金額を借りたとしても、金利が低いほうが総支払額が少なくて済むというワケです。
ここしばらく超低金利な時代が続いていましたが、いつまで低いかは分かりません。上昇する可能性もあります。返済額を少しでも抑えたいなら、超低金利である今が、絶好のチャンスです。

 

2017年4月に、消費税が10%に増税される!

消費税が8%から10%に増税されるのは、2017年4月です。
ですが、いざ家を建てようとしても、家が建つまでには、期間がかかるので、2016年9月末までに契約を済ませておくと(請負契約)、消費税が8%で据え置きされることになっています。

 

つまりもし万が一、10月以降契約をして、2017年3月末までに家の引渡しが完了しなければ、消費税は10%になってしまう、というワケです。
(10月以降に契約をしても、3月末までに引渡しが完了していれば、消費税は8%です)

 

また、家を建てるときに必要となる土地の造成費用、仲介手数料、住宅ローンの申し込み手数料、家具家電、保険料にも消費税がかかってきます。

 

少しでもお得に家を建てたいのであれば、3月末までに引越しが完了していることが望ましいです。

 

職人の不足、資材不足による価格高騰が懸念される!

消費税の増税による駆け込みや、復興需要、オリンピックの対応によって、これから建設需要が急激に増加することが考えられます。
そうなると、建築資材が高騰したり、職人さんが不足してしまう可能性も・・・

 

ですが、今建てれば、高等前の価格で資材が確保でき、職人さんも確保できます。

 

以上の3つの理由により、お得に家を購入したいなら、今が家の建て時なのです。