ローコスト住宅 安い価格

ローコスト住宅ってなんで安いの?もしかして欠陥住宅!?

ローコスト住宅 安い画像

 

一般的によく言われているローコスト住宅は、坪単価なら20万〜40万円台。40坪程度の大きさであれば、1千万円台で購入できる家のことでした。ですが、最近では1千万円を切った超ローコストな価格で家を建てるメーカーも登場しています。

 

もし、あなたがイメージしている理想の家を安くお値打ちに建ててくれるのでれば、なんの問題もありません。

 

しかし、これほど安く家が買えるとなると
「もしかしたら、安い材料を使っているんじゃない?」
「工事を手抜きしている?」「欠陥住宅だから、安いの?」
なんて、不安になりますよね。

 

そこでこのページでは、「なるべく安い費用で家を建てたいけれど、ローコスト住宅って大丈夫なんだろうか」と不安なあなたのために、ローコスト住宅について詳しくまとめました。

ローコスト住宅 価格が安い5つの理由とは?

CMや新聞のチラシで宣伝していない

大手ハウスメーカーは、テレビのコマーシャルで宣伝をしたり、新聞の折込チラシで広告を出していますよね?ですが、ローコスト住宅をつくるメーカーはそういった宣伝をせず、販売費や営業費などの費用を抑えることで、家の価格を下げています。

 

豪華なモデルハウスを展示場につくらない

展示場にモデルハウスをつくるとなると、他のメーカーの家に見劣りしない豪華で立派な家をつくるのに費用がかかります。またそのモデルハウスを維持していくための費用や人件費が発生します。その費用はまわりまわって、家を建てる人が負担することになるので、つくらないことで、費用を抑えています。

 

デザインや仕様が規格化されている

1軒1軒違う家を建てるとなると、手間も時間もかかり、必然的に注文住宅の価格は高くなります。ですから、ローコスト住宅ではあらかじめデザインやプランの仕様が規格化していることが、ほとんどです。規格化することで、工場でプレカットしたりパネルを生産することができるようになるので、作業の工程が短縮し、施工コストを抑えていることにつながるのです。

 

大量生産、大量発注によってコスト削減

ローコスト住宅をつくっている工務店は、大手のハウスメーカーとフランチャイズ契約をして、大量生産・大量発注することでコストを削減を実現しています。

 

部材の買い付けから加工まで、自社工場で一括管理している

下請けの会社を持っている大手は、そこで中間マージンが発生するので、どうしても家の価格が高くなります。ですから、部材の買い付けから加工まで、自社だけで一括管理しているメーカーは、家の費用が安くなります。

即決しないで!ローコスト住宅が安い・・・本当の理由

もし仮に、あなたが気になっているローコスト住宅のメーカーが、豪華なモデルハウスを持っていたり、広告や宣伝をバンバンしているのであれば、

 

家の建築費用を下げるために、
・耐久性、品質が劣る材料を使っている
・キッチン、バス、トイレなど住宅設備の標準仕様が、一昔前のもので古い
・他のメーカーでは、標準仕様であるはずのものがついていない
などの可能性があります。

 

契約する前に必ず他のメーカと比較し、入念にチェックしましょう。

ローコスト住宅の特徴 メリット・デメリットまとめ

ローコスト住宅のメリット

  • 低予算、低価格でマイホームが買える
  • 住宅ローンが少なくて済む
  • 規格化されているので、間取りなどが決めやすい
  • 着工から完成まで施工期間が短い

 

ローコスト住宅のデメリット

  • おしゃれなデザインを重視したい人には不向き
  • 坪単価だけで決めると、予想以上に費用が高くなることがある
  • 最低限の装備のため、追加料金が発生することがある

 

 

 

将来後悔しない画像

注文住宅選び 5つの鉄則画像

厳選カタログ請求サイトのページバナー