注文住宅 収納スペース

注文住宅で家を建てるとき、最低限必要な収納スペースはどのくらい?

収納量を考える画像

収納スペースが足りなくて、テーブルの上に、物が置きっぱなしなったり、足の踏み場がない床・・・。

片付けても片付けても、翌日になると、いっしょの状態に、ゲンナリ。
なんてことありませんか?

 

もし、せっかく注文住宅で家を建てたのに、同じような状態に陥っていては、悔やむに悔やみきれませんよね?

 

このページでは、いつ友達が来ても、スッキリ片付いていて、あわてふためく必要がない☆
生活感が感じられない♪
・・・そんな家にするために、収納スペースはどのくらい必要なのかまとめました。

 

最低限必要な収納スペースは?

 

一戸建て住宅の場合、平均的な収納スペースは、床面積の10〜15%くらいです。
たとえば、床面積40坪の家の収納スペースは、10%で4坪(8帖)。15%だと6坪(12帖)くらいが平均とされています。
このデータから、最低限10%は、収納スペースとして確保したいですね。

 

収納スペースは、あまり大きくてもNG

収納スペースは、大きければ大きいほどあったほうがいい!と考えている人が多いようですが、大きくすればするほど、費用がかさんでしまい予算オーバーになってしまったり、収納スペースがありすぎると、整理しなくなり、使わないものが増えてしまいます。
また、収納スペースを確保したがために、リビングや部屋が小さくなっては本末転倒なので、大きければ良いということではありません。

 

収納する場所にも配慮が必要!

いくら収納スペースを確保していても、ものが取り出しにくかったり、しまいにくい場所にしか収納する場所がないと、面倒だからなかなか片付けれないですよね。
つまり適材適所に、収納スペースが確保されていないと、片付かない家になってしまいます。収納量だけでなく、場所も考えましょう。

収納スペースのまとめ

まず、今家にあるモノを整理して、本当にほしいモノ、必要なモノを厳選しましょう。
そして、間取りを考える段階で、適材適所である置き場所を決め、必要最低限の収納スペースを確保しできれば、家中スッキリ片付くことになります。
整理することから始めましょう☆