キッチン 間取り 配置

対面型キッチンと独立型キッチン どちらがいいの?使いやすい間取りは?

対面型キッチン

 

モデルハウスを見てまわると、ほとんどのキッチンは、対面(オープン)型キッチンを取り入れています。その一番の理由は、対面型にすると、リビングダイビングを広いスペースで確保できるからです。しかし、いくら主流が対面型キッチンであったとしても、あなたのライフスタイルによっては、独立型キッチンのほうが、向いているかもしれません。

 

なぜなら、使いやすいキッチンの間取りは、「あなたがキッチンで、どんな風に料理がしたいか?」によって決まるからです。それでは、詳しく説明していきますね。

 

 

 

家族とコミュニケーションができる!対面型キッチン

リビングやダイニングに対面するようにキッチンを配置するのが、対面型キッチンです。1列に並べたI型キッチンのほかに、L型、U型などキッチンを配置します。このところダイニングの中に、「島」のようにキッチンを配置するアイランドキッチンが注目されています。

 

対面型(オープン)キッチンのメリット

  • リビングダイニングを広く見渡せるので、開放感がある
  • テレビを見ながら作業ができる
  • 家族とコミュニケーションとりやすく、料理中でも孤立しない
  • 配膳や食器の片付けが簡単

 

対面型(オープン)キッチンのデメリット

  • 部屋全体に料理の臭いや水周りの音が漏れやすい
  • キッチン周りをキレイにしておかないと、リビングダイニングから雑多が目立つ

 

キッチンを見られたくない人におすすめ!独立型キッチン

リビングダイニングとの間に壁や扉をもうけて、キッチンだけで1つの部屋を作ってしまうのが、独立型キッチン。一般的に、炊飯器や電子レンジ、コーヒーメーカー、トースターなどの調理家電もすべて独立型キッチンの中に配置します。

 

独立型(クローズ)キッチンのメリット

  • 水周りの音や臭いが、外に漏れにくい
  • キッチンが片付いていなくても、お客さんに見られない
  • 一人だけの空間で集中してお料理ができる
  • オープン型と比較すると、油のとびはねや煙が気にならない

独立型(クローズ)キッチンのデメリット

  • 隔離した部屋になるので、コミュニケーションがとりにくい
  • 狭いスペースだと、換気を十分に配慮しないと、熱や臭いが部屋にこもりやすい
  • キッチンからテーブルまでの動線が長くなり、配膳が面倒

 

まとめ

ざっくり大きく分けると、家族と話しながら、またはテレビを見ながら調理したい人に人気なのが、対面型。お客さんにキッチンを見られたくない人に人気なのが、独立型です。ですが対面型にしても、キッチンのカウンターを立ち上げて、手元を隠すことができるカウンターキッチンにすることができます。

 

また、独立型にしても壁に小窓を作って、家族とコミュニケーションを図る工夫をすることは可能です。

 

大切なのは、あなたがどんなキッチンで料理をしたいか?です。
一人だけで悩まず、どんなキッチンにしたいかをプロに伝えて、いっしょに家づくりを楽しみましょう。

 

 

関連ページ

キッチン
管理が求めているキッチンとは、シンプルで清潔感があふれるキッチン!ごちゃごちゃしているキッチンはイヤ!魅せる収納ではなく、できれば食器から調理器具、全部隠して、スッキリさせたいんですよね。 目指すは、生活感のない、モデルハウスのようなキッチン!そんなキッチンに、するための秘策とは?
キッチンの種類・定番の形まとめ
アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、I型・L型・U型・・・なんてたくさん種類があって、キッチン選びでお悩みのあなたへ。このページでは、キッチンを種類別に説明しています。人気あるキッチンもご紹介。