キッチンの種類 選び方

キッチンの種類・定番の形まとめ あなたの好きなデザインはどれ?

キッチン 種類 選び方

 

「キッチンの種類やカタチが多すぎて、違いがよく分からない・・・」
「どのキッチンも、良く見える・・・目移りしてしまって選べれない」
「自分に向いているキッチンが、分からない」

 

キッチンは、一生のうち、何回も買い換えるものではありません。いざ1つのキッチンを選ぶとなると、悩んでしまいますよね。ですが、主婦にとって、毎日長時間使う場所だからこそ、こだわって選びたいものでもあります。

 

そこでこのページでは、定番のI型キッチンから、今流行のアイランドキッチンまで、カタチ別に5つの種類に分けて、わかりやすくまとめました。

 

見た目の違いだけでなく、使い勝手のメリット、デメリットを知ることで、きっとあなたに最適なキッチンが見つかりますよ。

 

 

 

 

 

システムキッチンの定番!I型のシステムキッチン

クリナップ I型キッチン

(画像はクリナップさんから、お借りしました。)

 

I型のキッチンは、コンロからシンクまでが横一直線に並んでいる定番のキッチンです。I型は、壁にくっつけて使うのが一般的ですが、部屋の中央に配置して対面型にしても使えます。自由度が高く、比較的安いことで選ばれるキッチンです。

 

I型キッチンのメリット

  • コンパクトで無駄がない
  • シンプルなので費用が比較的安い
  • 壁付け、オープンキッチン、セミキッチンなどの配置に対応でき、自由度が高い
  • オープンにした場合でも、ダイニングやリビングの空間を広く使える
  • 作業動線が一直線だから、動線が短く作業がしやすい
  • 壁側ではなく、窓側に付けると明るくなる
  • リビングやダイニングのスペースを広く取ることができる
  • カウンター(腰壁)で手元を隠すことができるので、洗剤、ふきん、まな板、スポンジなどがリビングダイビングから見えにくい
  • カウンターにコンセントを付けると、ミキサーなど電源が必要な調理に便利

 

I型キッチンのデメリット

  • 壁付きすると、照明が背中側になるので、手元が暗くなる
  • 壁付きや窓付きにすると壁に向かって作業することになるので、家族と会話しようとすると、振り振り向きながら作業することになる
  • 3m以上の長いタイプだと移動距離が長く使い勝手が悪い
  • 二人以上で調理する時には、狭くかんじる

 

多人数や大皿料理が得意!L型のシステムキッチン

L型キッチン クリナップ

(画像はクリナップさんから、お借りしました。)

 

L型キッチンは、作業スペースがL型になっているキッチンです。一般的にシンクとコンロは別々の面にレイアウトされています。広い調理スペースが確保できるので、多人数分の食事を用意する主婦に人気です。

 

L型キッチンのメリット

  • シンクとコンロがL字の両側にあるので、体の向きを90度変えるだけで調理が可能
  • 家事の動線が短い
  • 部屋の隅を効率的かつ有効に使える
  • 狭いキッチンでも配置しやすい
  • 調理スペースが広い
  • 収納スペースが多く取れる
  • 洗い物をしながら、コンロの状態をチェックしやすい

 

L型キッチンのデメリット

  • コーナー(角)の下の収納が、デットスペースになりやすい
  • シンクとコンロが近すぎても遠すぎても使い勝手が悪い

 

デザイン性が高い!U型(コ型)のシステムキッチン

U型(コ型)のキッチンは、キッチンがU字型になっているシステムキッチン。インテリア性が高く独立したキッチンの部屋(独立型キッチン)に、向いています。料理好きの人に人気のキッチンです。

 

U型キッチンのメリット

  • 広いワークトップを取ることができるから、調理するのに便利
  • デザイン性、インテリア性が高い

 

U型キッチンのデメリット

  • U型キッチンを置くためには、広い空間が必要
  • 振り向く作業が多くなるので、使いづらいと感じる人もいる
  • 間隔が狭いので、二人以上の作業には不向き

 

調理スペースが広い!U型のシステムキッチン

作業スペースが2つに分離して、シンクとコンロが別の面に配置してあることが多いキッチン。調理のスペースが広いので、家族が多く手間をかけて料理を作るスペースがほしい人に人気のあるキッチンです。

 

U型システムキッチンのメリット

  • 対面になっているので、家族とのコミュニケーションが取りやすく、孤立しない
  • 左右の動きと回転動作で作業ができるので、効率的
  • I型のキッチンと比べると、リビングダイニングから足元が見えにくいので、スッキリしてみえる

 

U型システムキッチンのデメリット

  • 振り向く作業が多くなる
  • 狭い部屋では配置することが難しく、狭く感じる
  • キッチンの上は、こまめに片付けないとすぐに散らかる
  • 手元が丸見えになってしまう
  • 調理中の臭いがリビングダイニングに広がりやすい
  • 食材や水で床を汚しやすい

 

スタイリッシュで存在感がある!アイランドキッチン

アイランドキッチンは、キッチンが壁についておらず、島(アイランド)のようになっているキッチンです。キッチンから見てさえぎるものが何もないので、部屋が開放的にみえます。また360度、どの方向からも作業ができるので、家族や友達とお料理する機会が多い人に人気のキッチンです。

アイランドキッチンのメリット

  • スタイリッシュでかっこいいので、存在感がある
  • 開放感があり、家族とコミュニケーションをとることが容易
  • テレビを見ながら料理でき、孤立しない
  • キッチンの周りをぐるりと一周できる(左右どちらからでも出入りできる)
  • ダイニングテーブルに料理を運ぶ時、最短の距離で移動できる
  • キッチンの向かい側をカウンターとすれば、簡易的に食事を食べるスペースにもなる(テーブルの代わりとなる)

 

アイランドキッチンのデメリット

  • 場所をとるので、リビングダイニングが狭くなってしまう
  • キッチンを置く場所によっては、通路がデットスペースになってしまう
  • 値段が高い<
  • 油はねや臭いが部屋に広がりやすいので、換気扇は強力なものが必要となる
  • 手元が丸見えなので、常にキレイにしておかないと生活観丸出しになってしまう

 

 

失敗しないキッチン選びのポイント3つ

 

キッチンには色々な種類がありますが、失敗しないキッチン選びのポイントは
・あなたが楽しく料理がつくれるかどうか?
・ストレスなくできるか?
・どんなキッチンで調理したいか?
です。

 

よく考えて、選びましょう。

 

 

関連ページ

キッチン
管理が求めているキッチンとは、シンプルで清潔感があふれるキッチン!ごちゃごちゃしているキッチンはイヤ!魅せる収納ではなく、できれば食器から調理器具、全部隠して、スッキリさせたいんですよね。 目指すは、生活感のない、モデルハウスのようなキッチン!そんなキッチンに、するための秘策とは?
対面型キッチンと独立型キッチン どちらがいいの?
岐阜県で家を建てたいと考えているあなたへ。このページでは、キッチンの間取りを考える時、どうすれば後悔しない間取りになるのか?お料理しやすいレイアウト(配置)のアイデアを紹介しています。